新チェコ生活日記2


チェコ共和国の首都プラハよりドブリーデン!プラハ在住現地ガイド・コーディネーターによるチェコ生活日記です。
by prahalife2
チェコリンク集
当ブログに関するご質問、
チェコご旅行のご相談、
チェコご滞在のご相談、
チェコ公認観光ガイド、
滞在コーディネート、
撮影・取材コーディネート 、
チェコに関する記事執筆、
などのご依頼は・・・

info@czechtraveland.com


さらに詳しくは、
チェコ・トラベルランド
へご訪問下さい!

czechtravelandpraha インスタグラム

***********

プラハで長期滞在♪
プラハで’暮らすように滞在してみませんか?

★Blog Ranking★


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

★お仕事アーカイブ★

和風総本家7月2日夜7時58分~世界で見つけたMade In Japanチェコ編
e0151592_18055074.jpg
月間HOUSING(ハウジング)8月号:建築家ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸掲載
e0151592_01332614.jpg
有村竜太朗の歩き方。 絶望ワンダーランド2~プラハ編~
e0151592_20305626.jpg
Grace Continental 秋冬コレクションカタログ-チェコ・キュビズム特集
e0151592_05200482.jpg
CREA Travellerプラハ特集
e0151592_3373424.jpg

世界の腕時計
e0151592_05033308.jpg

PRIM日本正規総代理店(株)ブレインズ
名古屋PRIM販売店:ハタ貴金属
奈良PRIM販売店:小柳時計店

★寄稿情報★
e0151592_22310457.png
e0151592_20521354.jpg
阪急交通社 現地生情報に記事掲載中!

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)

at home [World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ]チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

食文化の雑誌
『vesta(ヴェスタ)』106号酒と食 Ⅰ酒と食の考現学-2チェコとビールの深い関係


★チェコ情報サイトまとめ★

チェコ今日のニュース

チェコ共和国観光局サイト

チェコのイベント情報

プラハ市内の公共交通機関時刻表

チェコの古城巡り

チェコワイン

チェコの山

チェコビール

チェコのスパリゾート

チェコの食案内

チェコのアート情報

管理人の過去の日記は・・
チェコ生活日記新チェコ生活日記 へどうぞ。

チェコ掲示板

★ブログ・ウェブリンク★

TEMARI.CZ

よっちんのフォト日記

temaricious

Dum panenky

一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

プラハの美容師ブログ-プラハで活躍中の美容師さんのブログ

チェコの工業用ダイヤモンド研磨機取り扱い会社

チェコ人女性カトカさんのフォトスタジオ

★チェコお勧めオプショナルツアー情報★

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★プラハ市内観光

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★チェスキークルムロフ観光

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★チェスキークルムロフ周辺世界遺産の旅1泊2日

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車プラハ~チェスキークルムロフ~ウィーン

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車ウィーン~チェスキークルムロフ~プラハ

即日予約受付プラハ5★レストランBellevueディナー+国立マリオネット劇場Nightツアー
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>Salam2002さ..
by prahalife2 at 22:48
こんばんは。 分かりま..
by salam2002 at 23:45
≫よっちんさま、 ..
by prahalife2 at 00:03
≫SeaJackerさん..
by prahalife2 at 00:01
ご無沙汰しています。 ..
by よっちん at 00:30
こんにちは。 自分が海..
by seajacker at 07:38
> salam2002さ..
by prahalife2 at 23:18
こんにちは。 可能性あ..
by salam2002 at 11:52
Masappe24様、コ..
by prahalife2 at 05:39
>>はい、大体2日から通..
by prahalife2 at 19:32

カテゴリ:ショップ・レストラン・カフェ( 22 )

癒されるレストラン

ここでのーんびりランチしたりお茶すると、癒されます。
e0151592_20250782.jpg
モルダウの水がもう少し透明度があるといいんですが・・・
e0151592_20264274.jpg
プラハ中心部なのに、まるでシュマバかクルコノシェにいるかのようなせせらぎ。
以外にいつも空いているのも良く、お店の方も親切・フレンドリー。
少し歩くと、情緒のあるこんな風景も楽しめます。
e0151592_20302069.jpg
e0151592_20440514.jpg
Restaurace Altány Kampa
Nosticova 2a, 118 01 Praha 1 – Malá Strana
Tel.: +420 257 007 681
www.altanykampa.cz

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2016-09-30 20:47 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

カフェZlatý korálek@Jílové u Prahy

プラハ郊外のJílové u PrahyのカフェZlatý korálek(ズラティーコラーレック)にて。
カプチーノと自家製チーズケーキ。
e0151592_17330649.jpg
チェコで有名なバリスタ、Petra Veseláさんのオーナーカフェ。
コーヒーレクチャーをしたり、カフェ本も出版している方。
e0151592_17514728.jpg
カフェ:Kavárna a galerie U Zlatého korálku
住所:Masarykovo nám. 1, Jílové u Prahy 25401
ウェブ:http://www.zlatykoralek.cz/

気になっていたカフェに行けてよかったー。
バリスタ、Petra Veseláさんは不在だったけど・・・

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-11-19 17:55 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

カフェ・スラヴィアで更ける夜

カフェ・スラヴィア

1884年、開業の老舗カフェ。
向かいはプラハを代表するオペラ劇場、国民劇場。

戦前はカレル・チャペックも通ったカフェ。
共産主義時代はヴァーツラフ・ハヴェルも通ったカフェ。
多くのチェコのインテリの集う場所であった、このカフェは今もヴルタヴァ側のほとりにあります。
e0151592_04124653.jpg
特別コーヒーがおいしかったり、特別ケーキがおいしかったりしませんが、、、

毎晩17:00-23:00に演奏されるピアノ演奏はプラハの夜にぴったりの演出です。
ガラス越しに見えるプラハ城やカレル橋は、美しく、凛々しく、
チャペックやハベルの見た風景がそこにあります。

プラハの夜はピアノを聞きながら、カフェ・スラヴィアで。
窓辺の席は人気が高いので、空席になるタイミングがあうといいですね。

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-03-11 04:27 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(2)

プラハでワインならcellarius

チェコといえばビール。
世界一の国民一人当たりの消費量。
どんなガイドブックを見ても紹介されています。

が、 この国のワインもなかなか。
やはりワインの有名な地方と言えば、モラヴィア地方。
このブログでも記事を書いたように、モラヴィアはとても良い場所。(ミクロフ)

でもモラビィア地方はいかんせん、プラハから遠い。
プラハで美味しいワインの買える場所はないか?

で、見つけたのが。
cellarius
住所:Pasáž Lucerna
Štěpánská 61, Praha 1
:先日書いたルッツェルナ宮殿のパッサージ内部です。逆さ馬のすぐ側。

店内には所狭しと並ぶモラヴィアワイン。
スーパーマーケットなどではお見かけしないラベルもいっぱいです。
プラハにしてはお値段の付け方もそんなに高くないと思います。

パッサージに並ぶ席でワインも飲めます。
生ハムとかオリーブとかの摘みもあるので、逆さ馬を見ながらワインのひと時。
e0151592_19550958.jpg
チェコワインだけでなく、各国のワインも購入できます。
嬉しかったのはスロヴェニアで出会った最高の味の白ワインに、
この店で再び出会うことができたのです。
その名はVERUS
e0151592_19593961.jpg
スロヴェニアのOrmozという町の近く、ワインで有名な地域エルサレムという神聖的な名前の丘で、
出会ったこのワインはとても気に入って、いつまた買いにいけるだろうかと思っていたけど、
こんな近くにあったなんて!!!
しかもネット販売もしてます。

さっぱりとしたフルーティーな白の好きな方、ぜひお試しを!
チェコワインはほとんど日本で見かけることはないと思います。
チェコ国内で全部消費してしまうんだとかいう話も聞きました。
リーズナブルでおいしいチェコワイン、ぜひチェコでお土産にどうぞ。

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2014-11-14 20:09 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

ベジタリアンEstrella

プラハで好評のベジタリアンレストラン、
Estrellaへ行って来ました。
とてもおいしかったです。
お店の人もブレンドリー、ワインセレクトも良い。
店内は狭いので、事前予約がベストです。

おいしかった順に、独断の感想付きにて。

ビーツとほうれん草のサラダ
(中にチーズと胡桃入り、ビーツの歯ごたえがシャキシャキ)
こんなおいしいサラダはプラハ初、というくらい。
センセーショナルなサラダでお気に入り。
e0151592_02294695.jpg
チーズ入りのトルテラ
そこらへんのメキシカンレストランより全然おいしい。
e0151592_02291116.jpg
リコッタチーズとトマトとバジルのパスタ-ルッコラのせ
普通にそこらのイタリアンレストランより全然おいしかった。
e0151592_02263228.jpg
肉に見えるけど、ベジタリアンハンバーガー
やっぱ肉食人には、ベジタリアンバーガーはもの足りん・・・
e0151592_02295554.jpg
タイカレー(中はご飯ではなく、米の平たい面フォー)
ちょっと味が薄かったし、やっぱカレーはご飯があう。
e0151592_02292686.jpg
ジャンル関係なく、色々なメニューが楽しめます。

Estrella


電話:777 431 344

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2014-11-11 02:38 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

プラハの甘いもの処

プラハで甘~いものを観光で疲れた後にいかがですか?
共産主義時代からずっと続く、プラハの老舗の甘いもの処です。
店内にはチェコばあちゃんもいっぱい。
昔から皆ここに通って、サンデーやケーキを食べていたんでしょうね。

店名:Cukrárna U Itala
住所:Vodičkova 673、110 00 Praha
WEB:http://www.cukrarnauitala.cz/

サンデーの数かなり多いです。
e0151592_25132.jpg
ケーキも充実していて、素朴なチェコのお菓子も食べられます。
サイズも大きすぎず、いい感じです。
e0151592_25242.jpg
隣はプラハのお洒落カフェMAMA CAFEです。
コーヒーがおいしく、店内はくつろげます。
そして使用している食器がかわいく、店内で販売有り。
e0151592_251662.jpg
余談ですが、、、
この甘いもの処には旦那君が昔よくおばあちゃんに連れて行ってもらった所だそう。
彼のおばあちゃんは昔プラハのハベル市場でお花を売っていて、
売れ残ると孫の旦那君がプラハの町中を人々に売り歩いたんだそうで。
よく売れた日のご褒美がこの店のアイスクリームだったと。
なんとも泣ける話です(笑)。
マッチ売りの少女さながらの、花売りの少年。
ご褒美のアイスは幻想ではなく、本物のアイスでした。

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2014-08-22 19:03 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(2)

ステーキならČestr

年始はちょっと奮発して、プラハで話題のステーキレストランに行って来ました。
プラハのレストランチェーン展開で大成功中のアンビエンテ・グループ
もう何か敵なしって感じで、どこの店舗もいつも繁盛。
最近では他のレストラングループもアンビエンテ術をコピーしているような所もあったり、
怖いものなしの話題のレストラングループなのです。

それぞれの店舗でコンセプトが違い、様々な国のおいしい物を安心して食べられるかな、
と私は思っていますが。

そのアンビエンテ・グループがステーキ専門店をオープンしました。
その名は、Čestr(チェストル)
Čestrとは、Fleckvieh種という高品種牛の略称だそうですが、レストラン内には実際に
肉の保存室が公開されていて、鮮度のいい肉がレストランで調理されている証拠。
店内には牛のそれぞれの部位を表す、牛マップも。
e0151592_01145117.jpg
そのマップを見ながら、どの部位のステーキを頼むかメニューで選べるようになっています。
ソースや焼加減も自分の好みで選べ、付け合せもポテトフライやマッシュポテト(おススメ!)、野菜サラダ
などから好みを選べるようになっています。
もちろん牛肉の苦手の人のために、豚肉、鶏肉、魚のメニューもあります。
こちらメニューカード。
プレゼンテーションがかわいい。
e0151592_01173372.jpg
メインのステーキの前に前菜を頼んでみました。
牛の生肉タルタル(これを食べてからメインを食べれるチェコの胃袋です。)
e0151592_01194696.jpg
エスカルゴのソテー
(カタツムリの話題になり、仏などで食べられているエスカルゴは沢山チェコで養殖しているのだとか・・、
友人情報ですが、確かにチェコにはカタツムリが沢山いる。)
e0151592_01230341.jpg
牛のテールスープは骨の髄からダシをとったうまみスープ。
中に温泉卵入り。
チェコ産ブルーオニオンの食器もチェコらしさを演出しています。
e0151592_01264176.jpg
ワインはチェコ産の赤ワインを。
ちなみにワインリストは最安のワインがボトルで550コルナほどからなので、
普通のレストランのワインリストと比べるとちょっと高級ですね。
ソムリエと称してワインを注いでくれたお姉さんが、本当のソムリエではなかったことが残念でしたが、
ワイン自体はとてもおいしいものでした。

で、ステーキの写真なのですが125グラムのサーロインなので、
しょぼい感じですが、焼加減も鮮度も良く、おいしくいただきました。
前菜をたっぷり食べたら、125グラムサイズがおススメです。
e0151592_01315388.jpg
ちなみに計4人で行ったディナーだったのですが、皆それぞれの注文に満足。
お値段は少々はりますが、品質のいいステーキの食べられるレストランです。
店内の雰囲気もオープンスペースで入りやすく、フレンドリーな対応をしてもらえます。
国立オペラ座のすぐ近くなので、オペラ鑑賞前に夕食ってのもいいかもしれませんが、
食べすぎてオペラで居眠り、なんてことにならないように気をつけて下さい(笑)。
e0151592_01381743.jpg

Čestr
住所:Legerova 75/57、110 00 Praha 1

その他、アンビエンテ・グループのレストラン情報

ロカール

La Degustation Bohême

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★


[PR]
by prahalife2 | 2014-01-10 01:41 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

秋はジビエ!

ブログの管理画面が変わっていまして、ちょっととまどいました・・・
でも基本変わってなくて、ほっ。

さて今秋の3弾目の話題は、ジビエです。
実はあんまりジビエは得意の方ではないのですが、チェコにはジビエ専門店が結構あります。
鹿や猪や鴨などが主流ですが、雉やうさぎなども。
ハンティングが現在でも盛んなチェコでは、ジビエ好きな人々も多く、ジビエ専門店も大繁盛。
荒野にいるかわいい鹿達を見るとちょっと残酷な気もするのですが、鯨や馬を食べる日本人はその辺コメントできません。
おいしいジビエ専門店は、やはり山へ行かないとなりません。
鹿や猪などが沢山生息する山間のレストランでは、ジビエをやっている場所も多く、新鮮なジビエ料理が堪能できます。

今回紹介するジビエ専門店は、プラハの西Lázně Kynžvart(ラーズネェ・キンジュヴァルト)というチェコ温泉保養地の近くにある、Kladská(クラドスカー)というエリア。この辺りは19世紀からセレブなハンター達が集まる動物の多く生息する地域で、現在でも美しい木造のロッジが建てられています。有名な温泉保養地、カルロヴィ・ヴァリやマリアンスケー・ラーズネェの近郊ですから、自然にセレブが集まるロッジになったんでしょうね。
e0151592_05394375.jpg
ハンティング用ロッジのすぐ側は美しい湖となっています。
湖の周りには遊歩道もつけられており、自然の中を散策できます。
釣りもできる場所があり、釣りしている人も沢山居ました。
ハンティング解禁中は狩猟している人がいるかもしれないので、赤い服など目立つ洋服で行くにこしたことはありません。
e0151592_06160650.jpg
ロッジの中は現在いくつかに分かれたペンション・レストランとして使用されています。その中でもかわいい入り口のU tetřevaへ入ってみました。U tetřeva=ライチョウのいる所、、みたいな意味。お昼時は予約がいっぱいで席がなく、湖の周りを歩いて少し待ってやっと席を確保できました。こんな田舎の山のレストランなのに、すごい・・・
地元の人にも人気店なんでしょうか。
e0151592_06192434.jpg
店内には動物の剥製がずらーーーっと、並んでいます。
こういうレストラン他の町でも行った事があったけど、リアルな剥製を見ながらの食事はとてもリアルです。
アナグマとか狐、たぬきやフクロウまでいて剥製屋敷の店内はある意味それだけでも見ごたえがあります。
動物達に見つめられながら(にらまれながら)の食事です。
弱肉強食の4文字が頭に浮かび上がります。
e0151592_06254987.jpg
食事のメニュー。
上順番にジャガイモとキノコのほかほかスープ、牛肉ステーキの青胡椒ソース、鹿肉ステーキのスグリソース。
どれもおいしい!絶品でした。鹿肉が全く臭みもなく、スグリソースとの相性も二重丸。
食器がすべてハンティング柄だったのもかわいかったです。
e0151592_06335211.jpg
e0151592_06340394.jpg
e0151592_06341880.jpg
満腹になって、動物の剥製ににらまれていることもすっかり忘れ、
食べ終わった後に隣の鹿ちゃんと目があってしまい、ちょっと戸惑ってしまった・・・
チェコで秋のジビエ料理はいかがでしょうか?



★クリックしていただけると、励みになります!★

[PR]
by prahalife2 | 2013-11-10 06:45 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)

プラハの山小屋カフェ

お久しぶりです、お元気でしょうか。
プラハはすっかり秋めいてきております。
というか、もう朝晩は冷え込んでおります。
町行く人々はダウンジャケットの人も。
温かい格好での町歩きをオススメします。

プラハ城より少し北の地域に、Nový Svět(ノヴィ・スヴェット)=新世界という地域があります。
14世紀にカレル4世によって建設された町は、かつてプラハ城で働く労働者の住宅地でもあったそうです。

このエリアには当時プラハを守る役割を果たしていた城砦が残り、また緩やかな坂道と情緒たっぷりの石畳がしっとり存在し、S字に曲がる石畳の道の奥に何があるのかその先を追い求めたい衝動にかられます。車の進入や駐車が制限されている地域ということもあり、とても雰囲気の良い町がそこにあるのです。
こんなかわいいお家の表札も。
e0151592_3483395.jpg

そのため町並みは色々な撮影の現場としても使用されていますが、
住民の中には芸術家・写真家・映画監督などもいるため、
なかなか大きな撮影は難しいエリアでもあります。

このエリアにひっそりと佇む山小屋風ホテルU Raka(ウ・ラカ)はプラハに在住する人々には、あまりにも有名な場所です。ウェブサイトにて外観などご覧下さい。
中庭も田舎風に凝ってまして、誰かのお家へ招かれたようです。
e0151592_3342749.jpg

e0151592_334413.jpg

丁度訪れた日はシェフが不在中とのことで、ホテル支配人が自ら焼いたというバーブフカ(チェコ風スポンジケーキ)とナッツケーキをいただき、午後のゆるりとした時間を過ごしました。中庭のテラス席ではどこからか流れる水の音を聞きながら、プラハ観光地の雑踏を忘れ、リラックスできる場所です。

なんどもケーキの味を確かめに来てくれた支配人。
「静かな良い所ですね」と言うと、
「僕はここから40分ほどバスで離れた場所に住んでいるけど、そこはもっと静かで落ち着くよ」
という返事が返ってきました。
上質な時間を提供している人は、さらに極上の生活条件を手にしているということか・・・

新世界のすぐ近くには、鹿の谷と呼ばれるJelení příkopもあり、
プラハ城の北のお堀として長年プラハ城を守ってきた谷の散策もできます。
サクサクと落ち葉を踏み分けながら、鹿の谷を歩いて新世界に行くのもいいですね。
秋のプラハをお楽しみ下さい。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-09-14 04:00 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(2)

Moserもいいけど・・・

プラハの町にはガラス商品が溢れています。
伝統的なボヘミア・カットグラスから、モダンなものまで。
価格も↑↓が激しく、中にはこれはインテリアデザイン的にどうなのか・・・ってものまで。
チェコで作られてればそれでいいのか・・・
ボヘミアンという名がついていたらそれでいいのか・・・
妥協してお土産にするんだったら、それなりのものでいいのか・・・
うーん、そこは個人の趣味の問題でもあるか。

思わず手にとって、思わず家に連れて帰りたくなるようなガラスって、実際少ない。
アンティークのお店に行ったほうが、しっくりするのが見つかったりすることも。
批判しているわけではないのですが、あのごちゃごちゃした町中で雑然と並べられているガラス達を見ると、どうしても家に連れて帰って~って主張しているものに欠けるなあ、と思うのですが。

もちろん安い・高いという価格の変動によって品物の品質は上下しますが、
それでも食器には愛着というものがないとなかなか買う気をそそられないと思うのです。
ガラスへの愛着、食器への愛着・・・永遠のテーマだ。

モノを見る観点・視点は人それぞれ違うのが当たり前なので、
ショップとかカフェとかレストランのオススメをブログに載せるのはいつも何だか気がひけますが、
他社とはちょっと違う、愛着の湧きそうな、素敵なグラスを置いてる店をプラハで探してみようと思い、
それでこれはいいんじゃな~いと思った場所をご紹介します。

実際私もいつも見に行くだけで、自宅にまだ連れて帰ってないのですが、
いつか奮発して家に連れて行ってやりたい~と思っています。

Artěl
ARTĚL OLD TOWN
Celetná 29

ARTĚL MALÁ STRANA
U Lužickeho semináře 7
e0151592_228166.jpg


Material
Tyn 1 - Ungelt
店内の様子
e0151592_2184398.jpg

e0151592_2185512.jpg

e0151592_219881.jpg

e0151592_2191933.jpg

家に連れて行ってやりたい~きっといつか。
★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-08-26 02:22 | ショップ・レストラン・カフェ | Comments(0)


記事ランキング