新チェコ生活日記2


チェコ共和国の首都プラハよりドブリーデン!プラハ在住現地ガイド・コーディネーターによるチェコ生活日記です。
by prahalife2
チェコリンク集
当ブログに関するご質問、
チェコご旅行のご相談、
チェコご滞在のご相談、
チェコ公認観光ガイド、
滞在コーディネート、
撮影・取材コーディネート 、
チェコに関する記事執筆、
などのご依頼は・・・

info@czechtraveland.com


さらに詳しくは、
チェコ・トラベルランド
へご訪問下さい!

czechtravelandpraha インスタグラム

***********

プラハで長期滞在♪
プラハで’暮らすように滞在してみませんか?

★Blog Ranking★


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

★お仕事アーカイブ★

和風総本家7月2日夜7時58分~世界で見つけたMade In Japanチェコ編
e0151592_18055074.jpg
月間HOUSING(ハウジング)8月号:建築家ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸掲載
e0151592_01332614.jpg
有村竜太朗の歩き方。 絶望ワンダーランド2~プラハ編~
e0151592_20305626.jpg
Grace Continental 秋冬コレクションカタログ-チェコ・キュビズム特集
e0151592_05200482.jpg
CREA Travellerプラハ特集
e0151592_3373424.jpg

世界の腕時計
e0151592_05033308.jpg

PRIM日本正規総代理店(株)ブレインズ
名古屋PRIM販売店:ハタ貴金属
奈良PRIM販売店:小柳時計店

★寄稿情報★
e0151592_22310457.png
e0151592_20521354.jpg
阪急交通社 現地生情報に記事掲載中!

たびこふれに記事掲載中!

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)

at home [World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ]チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

食文化の雑誌
『vesta(ヴェスタ)』106号酒と食 Ⅰ酒と食の考現学-2チェコとビールの深い関係


★チェコ情報サイトまとめ★

チェコ今日のニュース

チェコ共和国観光局サイト

チェコのイベント情報

プラハ市内の公共交通機関時刻表

チェコの古城巡り

チェコワイン

チェコの山

チェコビール

チェコのスパリゾート

チェコの食案内

チェコのアート情報

管理人の過去の日記は・・
チェコ生活日記新チェコ生活日記 へどうぞ。

チェコ掲示板

★ブログ・ウェブリンク★

TEMARI.CZ

よっちんのフォト日記

temaricious

Dum panenky

一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

プラハの美容師ブログ-プラハで活躍中の美容師さんのブログ

チェコの工業用ダイヤモンド研磨機取り扱い会社

チェコ人女性カトカさんのフォトスタジオ

★チェコお勧めオプショナルツアー情報★

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★プラハ市内観光

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★チェスキークルムロフ観光

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★チェスキークルムロフ周辺世界遺産の旅1泊2日

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車プラハ~チェスキークルムロフ~ウィーン

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車ウィーン~チェスキークルムロフ~プラハ

即日予約受付プラハ5★レストランBellevueディナー+国立マリオネット劇場Nightツアー
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
こんばんは 自分もシテ..
by seajacker at 21:04
>>Salam2002さ..
by prahalife2 at 22:48
こんばんは。 分かりま..
by salam2002 at 23:45
≫よっちんさま、 ..
by prahalife2 at 00:03
≫SeaJackerさん..
by prahalife2 at 00:01
ご無沙汰しています。 ..
by よっちん at 00:30
こんにちは。 自分が海..
by seajacker at 07:38
> salam2002さ..
by prahalife2 at 23:18
こんにちは。 可能性あ..
by salam2002 at 11:52
Masappe24様、コ..
by prahalife2 at 05:39

カテゴリ:チェコ脱出旅行( 30 )

日の出旅館で初日の出

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
今年は年明けから日本。
チェコ生活日記ですが、しばらく日本滞在記となりそうです。

年末年始は家族で伊勢志摩へ旅行しました。
伊勢神宮に初詣、年始からパワー充電完了です。

伊勢の相差の日の出旅館で、豪華な食事と、すばらしい日の出に感動!
e0151592_13180498.jpg
女将さんがとってもフレンドリーでコストパフォーマンスがすばらしいお宿です。
この方面に行かれる方にはお勧めです。
伊勢海老、黒アワビ、カキ、サザエ、と、大女将が潜って採ってきた海の幸のオンパレード。
改めて「日本っていいな~」と思いました。
女将さんにもパワーをもらって、今年も頑張るぞ~!



★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2017-01-17 13:28 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

バンベルグという素敵な町

数年前の今頃、ドイツはバンベルグという素敵な町へ行きました。
プラハから西方面へ約3時間半ほど。
美しい町並みはこの季節になると、いつもよみがえります。

こじんまりとした徒歩で歩けてしまう範囲の町は大きすぎる都市にはない落ち着き感。
この地方独特の建築スタイル。
e0151592_18313934.jpg
e0151592_19004484.jpg
e0151592_18303050.jpg
e0151592_18401196.jpg
e0151592_18412652.jpg
ビールの町バンベルグ、プラハに負けないビールクオリティー。
老舗のビアホールをこれでもかというくらい、はじごしました。
e0151592_18421052.jpg
e0151592_18461309.jpg
これからクリスマスシーズンになると、こちら方面は人気となりますね。
近郊のニュルンベルグはクリスマスマーケットでも有名ですが、
ちょこっと足を延ばしてバンベルグ、おすすめでございます。
ちなみにユネスコ世界遺産の町でございます。
いや~、またハシゴ酒に行きたい衝動に駆られる町。

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2016-10-15 01:42 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

日本列島の秋旅-2-

日本列島の秋旅-2-

旅のテーマは、ワインx温泉の秋旅に続き、日本酒x温泉x文学の秋旅。
JRを乗り継ぎ、東京経由にて生まれて初めての上越新幹線。
e0151592_00474246.jpg
東海道・山陽新幹線はよく乗りますが、人生発の上越新幹線!
車体に近未来を感じる~
上野駅で乗り込んで、大宮-熊谷-本庄早稲田-高崎-上毛高原-行き先は、
e0151592_00500441.jpg
越後湯沢。
かの川端康成「雪国」の冒頭、
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」
でおなじみの越後湯沢。

道中は本当にトンネルが多く、しかも長い!
高崎を過ぎるとほぼトンネルといっても過言でないくらい長い長いトンネルです。

越後湯沢駅には新潟の有名日本酒が試飲できるお店「ぽんしゅ館」があります。
「ぽんしゅ館」
久保田、八海山、越の寒梅といった銘酒から、地元の地酒まで93種!
色々試して飲んでみました。
ワインを散々飲んだ後ですが、日本酒は日本酒でおいしい。
e0151592_00584469.jpg
店頭には、、、泥酔者がいます。
e0151592_01010522.jpg
ここまでなるまえに駅の構内でつけ麺のランチを食べ、今回の旅館へ。
ホテル双葉
28種類の温泉が売りの旅館ですが、お部屋にもプライベートのお風呂。
e0151592_01023052.jpg
和室の日本の旅館って落ち着きますね~
貸しきりのお部屋で食べられる夕食もまずます。
e0151592_01090124.jpg
でも後で分ったのですが、越後湯沢はグルメな町で居酒屋が沢山あります。
ホテルで夕食を付けなくてもよかったかも、とちょっと後悔。
居酒屋の充実度はさすがスキー客で溢れる温泉と酒の町です。

翌日は晴れた空の中、
文豪川端康成が「雪国」を執筆した「高半」旅館を訪ねます。
「高半」
e0151592_01113462.jpg
館内には資料館があり宿泊客以外でも観覧可能です。
こちら「雪国」が生まれた、「かすみの間」
e0151592_01234910.jpg
「駒子」モデルになった芸子さんのコート
e0151592_01252977.jpg
そしてこの余りにも有名な冒頭分、
e0151592_16113363.jpg
越後湯沢は他にも文豪達の集った、東京からの癒しの地であったようです。
この雄大な自然と温泉、そして酒と遊べる環境、執筆の合間に息をぬくには最高条件。
高半のすぐしたは現在トンネルが開設されており、丁度新幹線が。
e0151592_16143949.jpg
川端康成が見なかった光景が今はここにあります。
現在は新幹線に乗れば上野から越後湯沢まで1時間ちょっと。
川端康成が生きていた頃は新幹線は開設されていなかったので、「駒子」に会うのも
本当にドラマチックでもっともっと恋しい想いが募ったんでしょう。。。
テクノロジーの進化で、現在はハイテクな恋ができます。

でもなんだか悲しい・・・
次回は東京へ戻ります。

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-10-10 16:28 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

日本列島の秋旅-1-

日本列島の秋旅、2014年10月。
丁度今から1年前、JRパス(クリックすると詳細)を買って1週間の鉄道の旅。
このパスは簡単にいうと、一定期間/一定価格で日本列島のJR載り放題パス。
外国人/外国在住VISAの所持者に購入は限られますが、とっても便利でお得なパスなんです。

さて、2014年10月。
最初に降り立った駅は、のどかな田舎のぶどう郷。
その名も「勝沼ぶどう郷」駅(JR中央線、山梨県)。

e0151592_22324300.jpg
線路から見える景色はすべてぶどう畑です。
e0151592_22362512.jpg
駅の構内はひっそりとしていましたが、かわいいつるし雛の展示が。
海外に住んでいると和物にすっかり弱くなります。。。かわいい~

駅前はひっそりしてますが、時期はぶどうの収穫シーズン。
もちろんワイン好きな我ら夫婦、日本のワインを飲むためにこの地におり立ちました。
チェコでは散々モラヴィア地方を訪れて、ここ日本でも葡萄名産地を訪ねてみたのです。
駅からしばらく歩くと、ぶどうがたわわに実っています。
e0151592_22484745.jpg
e0151592_23490778.jpg
日本の葡萄が丁寧に袋をかぶせられていることに、一緒に行った旦那君もびっくり。
最近チェコで日本の果物がとても高い!というニュースをしていましたが、
品質管理をここまでしているから・・・なんですね~
e0151592_02120797.jpg
典型的な扇状地の勝沼ぶどう郷。
この地形があるからこそ、この地で江戸時代から葡萄栽培が始まったのだとか。
そしてお米がとれない地域だからこそ、葡萄酒の需要が高まり葡萄栽培が始まったのだとか。
日本酒はこの地域では高級品で一年に1回、お正月しか飲めなかったそうです。
という情報は現地の小さなワイン醸造所へお邪魔してレクチャーしていただきました。
また山梨のワインはほとんどデザート用の葡萄から作られるんだそうで、甘いフルーティーなワインが主流です。

お邪魔した小さなワイナリー
ぶどうばたけ

葡萄の直売もあり、ワインや葡萄製品の販売もあり、スタッフの方もとても親切に
ぶどう農園と醸造所を案内してくれました。

お腹がすいたので、今回の目的地である農協が経営する、
ぶどうの丘
へ、丘を登っていきます。

ここは日本最大級のワインセラーをもつ温泉総合施設。
地下にあるワインカーヴでは大人一人1100円で200種類のワインを試飲し放題。
銀製の試飲カップをもらえるので、あとはセラーで好きなボトルをどんどん試せます。

その前に展望レストランにてランチ。
e0151592_02270099.jpg
デミソースのたっぷりかかったハンバーグ。
おいしかったけど、チェコの食事サイズにすっかり慣れてしまった私にはちょっと小さい・・・

お腹いっぱいになった後はワインの試飲へ。
かなり色んな種類の赤・白ワインを試飲してみました。

が・・・ヨーロッパのワインをすっかり飲みなれた私達にとって、日本のワインは若干甘い。
そして葡萄の種類が違うためか、味もなんとなく違和感。
あ、これはおいしいかも!と思うと、1本2500円~5000円。
チェコでは結構いいワインでも1000円くらいで入手できるから、ちょっとお高め。
実は私は2度目のぶどうの丘ワインカーヴでしたが、前回とは違う感想をもった次第です。
まあ、旦那君には日本のワインというものを分ってもらえたんじゃないかと思います。

あらためて海外生活10年以上となると、好みの味や舌の感覚や体の体質も変わってきているのかもと、
感じた次第です。

帰りはもちろんですが、施設内にある温泉、
「天空の湯」
にゆっくりつかり、湯船からすばらしい勝沼の夜景を見て、
やっぱお風呂は日本が最高~と思いました。

ちなみにぶどうの丘では満室でお部屋がとれなかったため、
ユースホステルに泊まりました。
とても清潔でオーナーさんは駅や温泉施設まで送迎もしてくれて、快適・リーズナブルな滞在ができました。

今頃勝沼は葡萄シーズン真っ只中で賑わっているのではないでしょうか。
ワイン+温泉の秋旅でした。
次は日本酒+温泉の秋旅へつづく。

★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-10-08 02:47 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

夏の思いで-癒しの港町

チェコに来て以来、ほぼ毎年のように通いつめているスロヴェニア。
今年も夏の合間をぬって、再訪してきました。

チェコからオーストリアを南北に縦断して、アドリア海に面したスロヴェニアは、
なんといってもチェコから車で行ける一番近い海。

旅の道中
プラハ(チェコ)>ブルノ(チェコ)>ミクロフ(チェコ)>ウィーン(オーストリア)>グラーツ(オーストリア)>マリボール(スロヴェニア)>リブイヤナ(スロヴェニア)>イゾラ/コペル/ピラン/ポルトロシュ(港町)

アドリア海は真っ青透明で水温も完璧、魚介類も豊富で新鮮、人あたりも優しく、英語も通じる。
クロアチア沿岸のように観光化してない落ち着いた港町は、訪れる旅心と体を癒してくれます。
出来れば夏はずっとそこに居たいという衝動にかられるほど。

いや~一年ぶりのアドリア海綺麗です。
e0151592_01404135.jpg
ビーチは小さな石ころです。
アドリア海はウニが多く、足に刺さると大変、でもビーチは綺麗に清掃されているので安心。
e0151592_01303287.jpg
港町のマリーナ。
e0151592_00542909.jpg
漁船もあれば、レジャー用ボートも多く、隣の大きな港町Koperには豪華客船も来ます。
e0151592_01271535.jpg
e0151592_01245833.jpg
e0151592_01484796.jpg
ここからはスロヴェニアグルメ紹介★
国民的食べ物1、チュバブチチ(肉に添えられるオレンジ色のソース、アイバールがたまらない!)
e0151592_01534864.jpg
国民的食べ物2、プレスカビッツァ(とろけるチーズ入りでたまらない!)
e0151592_01542041.jpg
スロヴェニア海岸沿いに来たら是非食べたいムール貝(ボンゴレ入り)
e0151592_01583981.jpg
ちょっと奮発してスカンピ(手長海老)
e0151592_01574651.jpg
あとイカの天ぷら/イカのグリル、鰯のグリルも忘れちゃいけません。
大きな魚(シーバスや鯛)なども豊富です。
e0151592_02011016.jpg
丁度滞在した時期が夏の終わりだったので、トゥリフシーズンでもあり、
自家製パスタのカルボナーラのトゥリフ添えもおいしかった。。。
e0151592_02033717.jpg
その他生ハムも名産地だし、野菜類、果物類も太陽を浴びて甘い、またまたオリーブや天然塩。
ビールはチェコビールにはかなわないけど、スロヴェニア産ワインがおいしくて、
食のモチベーションは毎食の度ヒートアップです。
(チェコもこのくらい食材豊富な国だとよかった・・・)

アドリア海に沈む太陽を眺めながら、帰って体重計に乗るのが改めて怖くなりました。
体重のことを考えないで食べ続けられてしまう国、スロヴェニアです。
e0151592_02102142.jpg
★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-09-15 02:14 | チェコ脱出旅行 | Comments(2)

手毬ワークショップ@ロンドン、パリ、バルセロナ

手毬ワークショップ@ロンドン、パリ、バルセロナのお知らせです!


私の友人(日本人女子)二人が、今秋ロンドン、パリ、バルセロナで、

手毬のワークショップを開催します。


彼女達の手毬は使用する糸を草木などで染めているので、

市販の手毬用の糸とはちがったほっこりあたたかい自然の色が特色。

眺めているだけでもほっこりしますが、手毬つくりに挑戦してみるのも楽しい。


今年は残念ながらプラハのワークショップは開催されませんが、

ロンドン、パリ、バルセロナに旅行ついでに参加してみるのもいいかも。

プラハからなら飛行機で2時間前後の町ですし、私の友人(日本人女子)二人は

二人とも元プラハ在住者ですので、チェコからの参加も大歓迎ですよ。


詳細は以下英語にて。

e0151592_16072927.jpg

Temari Workshop Europe Tour 2015

Finally, we are back to Europe in September!
Please find our temari workshop details as follows!
Temari making is not that difficult, if you start with Temaricious.
We will teach how to make a base ball from zero! so that you can continue making temari alone home.

Last workshop at London, Berlin and Prague photos → click here

See you soon!


What to bring:
threads scissors, ruler (15cm is enough), marker pins (10 pc), pen or pencil
A temari special needle is provided at the workshop as a gift!



Barcelona
23/September
17:00 - 21:00
Temari pattern:MASU(Square)
Fee EUR 45/person, 4hours, all materials included
Hosted by Laura Ameba
Workshop language: English
For entry, please write to:
holalauraameba (at) gmail.com




London
1) 26/September
13:00 - 17:00/5 hours, all materials included
2) 27/September
10:00 - 15:30

Temari pattern: LOOP
Fee GBP 100/person, 5 hours, (30mins, lunch break), all materials included.
Workshop language: English

For entry, please contact Loop, 15 Camden Passage, Islington, London, N1 8EA.
TEL: +44 (0) 20 7288 1160

Workshop details:

Paris
1) 29/September
18:00 - 21:00
Temari pattern: MASU(Square)
EUR 60/person,3 hours, all materials included.
Hosted by La Bien Aimee, 27 Rue Paulin Mery, 75013 Paris
TEL:+33 1 46 27 60 86
Workshop language: English


For entry, please contact La Bien Aimee!

2) 30/September
10:00 - 14:00
Pattern:MASU(Square)
EUR 60/3 hours (plus lunch break), all materials included

Hosted by Rrose Selavy, 5 Rue Fromentin, 75009 Paris
Tel: +33 1 40 23 05 95
Workshop language: English


For entry, please contact Rrose Selavy!


Any questions, contact to: temaricious (at) gmail.com
TEMARICIOUS
www.temaricious.com
Instagram: temaricious
Facebook: temaricious
Pinterest: temaricious
e0151592_16115799.jpg
★ポチっと、クリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2015-07-24 18:24 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

ローマのセンス

最近プラハの大道芸人達が腹立たしい。

以前このブログでも書いたように、半分不真面目な大道芸人や、
顔を塗りたくり、奇声を発するだけの大道芸人。
つい最近は一緒にいたお客様に写真の代理にお金をせびる、大道芸人。
ちょっかいだしてきたのは、お前じゃないかーーー

一瞬芸や他人を真似た芸でお金だけを目的にする芸は見る人を冷めさせる。
演出も演技も自分にかかった大道芸人、
本番命の大道芸人。
だからこそ心にぐっとくる芸を見せて欲しい。

プロ根性のないプラハの大道芸人達にローマで出会ったこの芸当を見てほしい。
やっぱローマにはかなわない。。。

ピカソの絵セール
e0151592_07190131.jpg
トレヴィの泉
e0151592_07193589.jpg
アトリエ
e0151592_07194759.jpg
二重在住
e0151592_07201307.jpg
e0151592_07202552.jpg
プラダの折れた傘-2500ユーロ
e0151592_07203889.jpg
非常時にはガラスを割って下さい
e0151592_07205048.jpg
すぐに戻ります
e0151592_07210366.jpg
全部見終わった最後に芸人のおじさんにチケットをもらった。
再びローマに戻れるチケットらしい。
e0151592_07211613.jpg
芸に夢と希望とセンスがある。
人生を楽しむのは自分の余裕次第だいうことを教えられたローマの芸。
このチケットを使って、またローマのおじさんに会いに行きたい。

ちなみに大道芸人であるおじさんは、一日中自分の作品を通りかかる人を見つめ、
自分の存在に気づいてくれた人だけにこのチケットを渡す。
ベタな奇声も呼び込みもない静かな芸当だった。

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2014-10-31 07:34 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

忍耐力が試される大道芸人@ドレスデン

久しぶりにドイツのドレスデンへ買い物へ。
完成度の高い大道芸人に遭遇した。
e0151592_0502733.jpg

動かない忍耐力。
私には絶対無理。
ヒルトンホテルの斜め向かい、王者の行進の壁絵の前です。
コインを入れるとクールに動いてくれます。
ちなみ犬もストップモーション。

★ポチっと、励みのクリックお願いします!★

人気ブログランキングへ
[PR]
by prahalife2 | 2014-07-03 17:47 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

北イタリアの旅4

毎日暑い日の続くチェコです。

すっかり遅くなりましたが、北イタリアの旅の備忘録完結編です。
旅の最後の4日はピサ>フィレンツェに滞在することにしました。
ピサやフィレンツェはあまりにも有名ですから、おそらくネット上でも莫大な情報量でしょうね。
あえて町の細かいことは書きませんが、両方とも素敵な場所でした。

ピサの斜塔の外壁のディテールは凝っています。
e0151592_613090.jpg

ピサの町は斜塔が有名ですが、しっとりとした路地裏もいい感じ。
e0151592_641989.jpg

フィレンツェでは、美術館三昧しました。
あのラファエロ、あのダビンチ、あのボッティチェリの本物の絵画を見るために、フィレンツェに来たようなものです。子供の頃に大好きだった森永のキャラメルに小さなヨーロッパの絵画のカードが入っていて、よく集めていたんですが、そのコレクションの本物を間近にする時が来たことがなんだか信じられない気分でした。
フィレンツェの絵画コレクションはやっぱりすごい。。。
見ごたえというか、これだけの有名な画家の描いた作品が集結していると感無量です。La
コレクションをしていた豪族メディチ家の紋章。
小さな球形は金貨をモチーフにしたものだとか。
e0151592_6165767.jpg

暑い日で、アルノ川沿いには橋が架かっており、女子達も休憩中です。
e0151592_6212220.jpg

お店のおじさんも暑いので店終いしたそうな感じ。
e0151592_622126.jpg

芸術の町フィレンツェは落書きも芸術。
e0151592_6224236.jpg

最終日はフィレンツェからプラハまで約1000キロ以上の車の旅。
無事に到着した自宅で一番最初に飲んだのは、チェコビールでした(笑)。
やっぱビールはチェコが一番!

ちなみにフィレンツェでランチ・ディナーをしたレストランがとてもおいしかったので、
是非行かれる方は試してみて下さい。
La Casalinga
店内はイタリア人でとても混んでいました。ボロネーゼパスタがとてもおいしかった。
La Carabaccia
チーズをはさんだラビオリが最高です。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-24 06:34 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

北イタリアの旅3

北イタリア備忘録の続きです。

ポルトヴェネーレでは本当においしい海の食尽くしでした。
毎日パスタを食べて、全然飽きなかった。自分が麺食いであることを、改め自覚した旅でした。
おいしいパスタを食べるためだけに、イタリアに移住してもいいくらいです。
とにかくよく食べたのは海の幸のパスタ。
e0151592_726526.jpg

ボンゴレ・パスタ。
e0151592_7262210.jpg

パスタ屋の多いプラハですが、こんなパスタは絶対出てこない・・・
タコの柔らかさにも感激です。
そういえば去年から今年にかけて、タコの名産地ばかり旅行している・・・
e0151592_7311838.jpg

食べ物はこのくらいにして・・・
ポルトヴェネーレからボートで30分から1時間でいける、チンクエ・テッレという渓谷の村を訪ねて見ることに。
チンクエ=5/テッレ=土地 (5つの土地)という意味だそうで、小さな5つの村から成っています。
あんまりボードが得意でないので、一番早く到着できるリオマッジョーレという村へ行ってみることに。
リオマッジョーレは本当に渓谷の町でした。
e0151592_7365726.jpg

ひしめき合う建物。
ここで生活するのは結構苦労しそう、坂が多く道も狭く、車で村の外にでるのも大変だあ。
e0151592_7372217.jpg

e0151592_7391343.jpg

海岸沿いには列車も走っているのです。
e0151592_7375778.jpg

透き通るような青い海はリグリア海。
e0151592_7385584.jpg

狭い村なのに家の玄関口は立派です。
e0151592_7392941.jpg

到着してからしばらくリオマッジョーレを散策・エスプレッソで休憩。
エスプレッソはイタリアどこで飲んでも濃くておいしい。
私の好きなものがすべておいしい国だ(ビール以外)。
本気で退職後の移住先として考えてしまう。
自分が70-80歳の老人となった頃、チェコの冬は体にこたえると思う。
そんな先のことを考えながら、帰りのボートを耐えたのです(笑)。

次の目的地は有名なピサ→フィレンツェ。
お楽しみにー
★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-05 07:47 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)


記事ランキング