新チェコ生活日記2


チェコ共和国の首都プラハよりドブリーデン!プラハ在住現地ガイド・コーディネーターによるチェコ生活日記です。
by prahalife2
チェコリンク集
当ブログに関するご質問、
チェコご旅行のご相談、
チェコご滞在のご相談、
チェコ公認観光ガイド、
滞在コーディネート、
撮影・取材コーディネート 、
チェコに関する記事執筆、
などのご依頼は・・・

info@czechtraveland.com


さらに詳しくは、
チェコ・トラベルランド
へご訪問下さい!

czechtravelandpraha インスタグラム

***********

プラハで長期滞在♪
プラハで’暮らすように滞在してみませんか?

★Blog Ranking★


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

★お仕事アーカイブ★

和風総本家7月2日夜7時58分~世界で見つけたMade In Japanチェコ編
e0151592_18055074.jpg
月間HOUSING(ハウジング)8月号:建築家ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸掲載
e0151592_01332614.jpg
有村竜太朗の歩き方。 絶望ワンダーランド2~プラハ編~
e0151592_20305626.jpg
Grace Continental 秋冬コレクションカタログ-チェコ・キュビズム特集
e0151592_05200482.jpg
CREA Travellerプラハ特集
e0151592_3373424.jpg

世界の腕時計
e0151592_05033308.jpg

PRIM日本正規総代理店(株)ブレインズ
名古屋PRIM販売店:ハタ貴金属
奈良PRIM販売店:小柳時計店

★寄稿情報★
e0151592_22310457.png
e0151592_20521354.jpg
阪急交通社 現地生情報に記事掲載中!

たびこふれに記事掲載中!

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)

at home [World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ]チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

食文化の雑誌
『vesta(ヴェスタ)』106号酒と食 Ⅰ酒と食の考現学-2チェコとビールの深い関係


★チェコ情報サイトまとめ★

チェコ今日のニュース

チェコ共和国観光局サイト

チェコのイベント情報

プラハ市内の公共交通機関時刻表

チェコの古城巡り

チェコワイン

チェコの山

チェコビール

チェコのスパリゾート

チェコの食案内

チェコのアート情報

管理人の過去の日記は・・
チェコ生活日記新チェコ生活日記 へどうぞ。

チェコ掲示板

★ブログ・ウェブリンク★

TEMARI.CZ

よっちんのフォト日記

temaricious

Dum panenky

一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

プラハの美容師ブログ-プラハで活躍中の美容師さんのブログ

チェコの工業用ダイヤモンド研磨機取り扱い会社

チェコ人女性カトカさんのフォトスタジオ

★チェコお勧めオプショナルツアー情報★

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★プラハ市内観光

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★チェスキークルムロフ観光

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★チェスキークルムロフ周辺世界遺産の旅1泊2日

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車プラハ~チェスキークルムロフ~ウィーン

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車ウィーン~チェスキークルムロフ~プラハ

即日予約受付プラハ5★レストランBellevueディナー+国立マリオネット劇場Nightツアー
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
こんばんは 自分もシテ..
by seajacker at 21:04
>>Salam2002さ..
by prahalife2 at 22:48
こんばんは。 分かりま..
by salam2002 at 23:45
≫よっちんさま、 ..
by prahalife2 at 00:03
≫SeaJackerさん..
by prahalife2 at 00:01
ご無沙汰しています。 ..
by よっちん at 00:30
こんにちは。 自分が海..
by seajacker at 07:38
> salam2002さ..
by prahalife2 at 23:18
こんにちは。 可能性あ..
by salam2002 at 11:52
Masappe24様、コ..
by prahalife2 at 05:39

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1ST アドベント

今年もまた、最初のアドベント:待降節(たいこうせつ)がやって来ました。
1年なんて、あっという間ですね。。。
年をとればとるほどに、1年のサイクルは短くなるような気がします。

チェコにきて、4回目のアドベントですが、忘れてしまった方に、アドベントとは・・・
*************************************
期間と主日との関係
西方教会では、11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)からクリスマスイブまでの約四週間のこと。 正教会では、11月13日/11月27日から降誕祭(12月25日/1月8日)前日までの40日間[1](フィリップの斎)のことを英語圏などでアドベントと呼ぶことがある。ただし日本の正教会でこの時期を公式にアドベント等と呼ぶことはない。

西方教会のうち教会暦を用いるところでは、教会暦の節目のひとつであり、以降の主日を数える基点とする。対して正教会では復活大祭および聖神降臨祭が教会暦の節目とされ、待降節を基準に教会暦を数えることはしない。ただし降誕祭の前後の主日は特別な一連の祭を行う。詳しくは降誕祭の項を参照。

カトリック教会、聖公会、ルーテル教会など教会暦を用いる西方教会ではこの日をもって一年の始まりとしている。週ごとに、第一、第二、第三と数え、第四主日がクリスマス直前の日曜日となる。アドベントの一日目をカトリック教会や多くのプロテスタント教会では「待降節第一主日」、聖公会では「降臨節第一主日」という。

儀式
西方教会では、ろうそくを4本用意し、第一主日に一本目のろうそくに火をともし、第二、第三、第四と週を追う毎に火をともすろうそくを増やしていくという習慣がある。この風習はドイツで始まったといわれる。

常緑樹の枝を輪型にまとめ、花などで装飾した「アドベントリース」ないし「アドベントクランツ」に、4本のろうそくを立てる(壁に掛けるクリスマスリースを寝かせたものを想像すると良い)、もしくはアドベント用に4本のろうそくが立てられる燭台を用いるのが普通である。

通常はろうそくの色はアドベント期間中における教会暦の色にあわせ紫であるが、第三週のみ白またはピンクのろうそくを用いる場合が多い。これは第三主日が「喜びの主日」と呼ばれ、祭服の色も紫からピンクないし薔薇色のものを用いるためである。なお、教会暦や風習に縛られない教会や、家庭においては、ろうそくの色は自由であり、実にさまざまなものが存在する。
ドイツでは主日ごとにシュトレンを食べて祝うことでも知られる。

*********************************

今日は、プラハの旧市街広場のクリスマスツリーが点灯され、これから1ヶ月ほどは町中美しいクリスマスイルミネーションが見られます。
次のクリスマスイベントは、12月5日の聖ミクラーシュの日です。
天使と悪魔が町中を練り歩き、子供達を楽しませる毎年行司ですが、今年は新型インフルエンザが猛威をふるっていることもあり、ニュースでも感染が広がる懸念を発表していました。

チェコでも、とうとう8名の死亡者だそうです。
うがい、手洗いで感染しないように、気をつけましょう。

最後に、我が家のアドベントリースです。
4年前に、義理のお母さんにもらったものを、毎年リサイクルです。
e0151592_626251.jpg

[PR]
by prahalife2 | 2009-11-30 06:24 | 季節・伝統・習慣 | Comments(0)

おうちごはん

秋から冬にかけてのチェコは、サマータイムからウィンタータイムに変わり、日もめっきり短くなり、天気もまちまちで、こうしたすべての条件が家でまったりする時間を長くさせます。
厚く、ぶっとい雲がこうも空を覆っていると、お日様を浴びに外へでるのも憚られ・・・
一年の中で、私の最も苦手なシーズンです。

こんなときは、家でおいしいご飯を作って、ぬくぬくしながら本を読んだり、DVDを見たりと。
かなりの、レイジーライフに突入します。

今日は、昨日から解凍した鶏肉を使って、鶏肉そぼろご飯ーコチジャン風味と題して、朝から料理してしまいました。日本で、さんざんとおいしいものオンパレードの後なので、何を食べてもパッとこない今日このごろなのですが、、、。こういうときこそ、おうちごはんです。
昨日仕入れた、フレッシュコリアンダーとバジルも刻んで、そぼろにいれました。

さあ、おうちごはん、召し上がれ!
e0151592_4373875.jpg


最近、しょうがや唐辛子、コリアンダーやフレッシュバジル、と匂いがいい食材が大好きです。
日本では、ゆず胡椒を仕入れて来たので、今から何に使おうか楽しみです。
[PR]
by prahalife2 | 2009-11-23 04:39 | いろいろ飯 | Comments(0)

犬の看板

犬を飼っている人がとても多いプラハ。
過去にもプラハ犬事情で記事を書きましたが、本当に犬が多い。

住宅事情がアパートなどが多いため、割と小型の犬が多いかもしれません。
色々な意味で犬と過ごしやすい町プラハなので、犬を飼っている人にとっては優しい町。
犬との生活に町が理解を示し、成り立っているのはすごいなと思います。

なのになのに、飼い主さん達のマナーの悪さも問題です。特に、糞問題。。。
こんなに美しい町なのに、町の中は犬の糞だらけです。
私も、何度か靴で踏んでしまったこと多々あり。

犬を理解してくれる社会なので、飼い主さん達もマナーを守ってほしいですね。
街中でこんな看板見かけました。

e0151592_1756155.jpg


大変分かりやすいです。
[PR]
by prahalife2 | 2009-11-19 17:56 | チェコ生活 | Comments(0)

平成21年度 日本帰国

ひさしぶりの更新となりましたが、しばらく日本に帰国してました。
秋シーズンの帰国なんて、チェコに来て以来だから、、、実に4年ぶりの日本の秋。
紅葉とか、秋の味覚とか、秋は魅力がいっぱいだあ。

ただし、今回の帰国は食の楽しみの前に、姉の結婚式という大イベント。(我が家にとっては)
家族の晴れの日ということで、チェコ人旦那様も一緒にそろっての帰国。
彼にとっては、日本の結婚式に始めて出席し、それはそれはいい勉強になったことでしょう。

ある程度の結婚式の流れや風習、しきたり的部分はチェコで導入教育をしておいたおかげで、日本で質問攻めにあわず助かりました。。。国際結婚5年目ともなると、大体の要領はつかめてきましたが、たまにとんでもない不意打ちをくらうので要注意です。

姉の結婚式は、美しい日本晴れとなり、まさしく秋生まれの姉の名前にふさわしい陽気となりました。
家族と親戚だけのこじんまりとした結婚式ながら、和気藹々とした楽しい式で、大役司会をまかされた私も我ながら良い出来であったと、勝手に自己満足しております。

お幸せに。

***********

その他、日本では東京へ5日ほど滞在し、懐かしい友達に沢山会えました。
昔はオーストラリアやチェコで酒を酌み交わした人たち。東京でがんばっている友人達から元気と、幸せをいただきました。

そして、昔ながらの地元の友達とも久しぶりの再会。セーラー服の記憶が昨日のことのようで、タイムスリップした時間をありがとう。いつになっても、この時間を一緒に過ごした友人は、永久ですね。

***********

沢山の人に会いながら、たっぷりと秋の味覚も満喫です。
今回、日本で食べたもの。
栗きんとん、栗パフェ、秋刀魚、鍋、しゃぶしゃぶ、うどん、寿司、刺身、魚全般、蟹、えび、ラーメン、
特製ハンバーガー、から揚げ、、、、、、他

残念ながら、食べるのを忘れていたもの。 うなぎ
ちなみに、日本ではパンをほとんど食べず、毎日我が家とれたての新米を食べてました。

おいしい日本の秋を大満喫した私は、体重2キロ増。
なのに、旦那様はチェコに帰国後に体重2キロ増。なんじゃそれー!
あんなにおいしいものを沢山食べたのに、チェコ人にとっては低カロリー食だったのかーー
あらためて恐るべし、チェコ料理です。

番外編

秋の日本にはカメムシがいっぱい。(いない地域もあるでしょうが、我が家は冬眠前のカメちゃんがいっぱいでした。)ご存知の通り、攻撃を与えると、反射防衛反応で異臭を放つので、大変くさいです。
そのカメムシが、冬眠前は冬眠場所を確保するため、洋服の中に忍び込んでそっと冬を越そうとします。
姉の結婚式当日、式場でおち会ったうちの旦那様はなにやら神妙な顔つき。
自分の結婚式でもないのに、それなりに外国人として緊張しているのか、と思いきや・・・

「朝起きて、式用のスーツを着ようとしたら、カメムシが15匹入っていたよ。。。」

数えたんかーい!!
しっかし、15匹とはチェコ人もびっくりですね。最強な思い出となったようです。
ちなみに、帰国後スーツケースには2匹のカメムシの死がいが・・・こんなところまでついてきたのか!!
こういうのって、やっぱり海外昆虫輸送かな? でも、死んでたからいいよね。
カメムシねたでした。

紅葉まっさかり。
e0151592_9333796.jpg


秋の味覚オンパレード。
e0151592_9341672.jpg


鎌倉大仏殿。何度目かな?
e0151592_9344614.jpg


どこへ行っても、菊の展覧会
e0151592_9353016.jpg


念願の築地のマグロ950円也!
e0151592_9376100.jpg

[PR]
by prahalife2 | 2009-11-18 09:37 | チェコ脱出旅行 | Comments(1)


記事ランキング