新チェコ生活日記2


チェコ共和国の首都プラハよりドブリーデン!プラハ在住現地ガイド・コーディネーターによるチェコ生活日記です。
by prahalife2
チェコリンク集
当ブログに関するご質問、
チェコご旅行のご相談、
チェコご滞在のご相談、
チェコ公認観光ガイド、
滞在コーディネート、
撮影・取材コーディネート 、
チェコに関する記事執筆、
などのご依頼は・・・

info@czechtraveland.com


さらに詳しくは、
チェコ・トラベルランド
へご訪問下さい!

czechtravelandpraha インスタグラム

***********

プラハで長期滞在♪
プラハで’暮らすように滞在してみませんか?

★Blog Ranking★


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

★お仕事アーカイブ★

和風総本家7月2日夜7時58分~世界で見つけたMade In Japanチェコ編
e0151592_18055074.jpg
月間HOUSING(ハウジング)8月号:建築家ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸掲載
e0151592_01332614.jpg
有村竜太朗の歩き方。 絶望ワンダーランド2~プラハ編~
e0151592_20305626.jpg
Grace Continental 秋冬コレクションカタログ-チェコ・キュビズム特集
e0151592_05200482.jpg
CREA Travellerプラハ特集
e0151592_3373424.jpg

世界の腕時計
e0151592_05033308.jpg

PRIM日本正規総代理店(株)ブレインズ
名古屋PRIM販売店:ハタ貴金属
奈良PRIM販売店:小柳時計店

★寄稿情報★
e0151592_22310457.png
e0151592_20521354.jpg
阪急交通社 現地生情報に記事掲載中!

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)

at home [World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ]チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

食文化の雑誌
『vesta(ヴェスタ)』106号酒と食 Ⅰ酒と食の考現学-2チェコとビールの深い関係


★チェコ情報サイトまとめ★

チェコ今日のニュース

チェコ共和国観光局サイト

チェコのイベント情報

プラハ市内の公共交通機関時刻表

チェコの古城巡り

チェコワイン

チェコの山

チェコビール

チェコのスパリゾート

チェコの食案内

チェコのアート情報

管理人の過去の日記は・・
チェコ生活日記新チェコ生活日記 へどうぞ。

チェコ掲示板

★ブログ・ウェブリンク★

TEMARI.CZ

よっちんのフォト日記

temaricious

Dum panenky

一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

プラハの美容師ブログ-プラハで活躍中の美容師さんのブログ

チェコの工業用ダイヤモンド研磨機取り扱い会社

チェコ人女性カトカさんのフォトスタジオ

★チェコお勧めオプショナルツアー情報★

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★プラハ市内観光

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★チェスキークルムロフ観光

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★チェスキークルムロフ周辺世界遺産の旅1泊2日

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車プラハ~チェスキークルムロフ~ウィーン

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車ウィーン~チェスキークルムロフ~プラハ

即日予約受付プラハ5★レストランBellevueディナー+国立マリオネット劇場Nightツアー
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>Salam2002さ..
by prahalife2 at 22:48
こんばんは。 分かりま..
by salam2002 at 23:45
≫よっちんさま、 ..
by prahalife2 at 00:03
≫SeaJackerさん..
by prahalife2 at 00:01
ご無沙汰しています。 ..
by よっちん at 00:30
こんにちは。 自分が海..
by seajacker at 07:38
> salam2002さ..
by prahalife2 at 23:18
こんにちは。 可能性あ..
by salam2002 at 11:52
Masappe24様、コ..
by prahalife2 at 05:39
>>はい、大体2日から通..
by prahalife2 at 19:32

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

私達にできること2

今週もプラハを中心に、チェコで日本の被災者支援コンサートが開催されます。
是非行ってみましょう!

*********************************************
チェコ交響楽団による日本の被災者支援チャリティーコンサート

日時:4月3日(日)20時~
場所:プラハ城内、スペインの間
チケット:500コルナ

予約受付は以下のサイトで行っております。
Ticketportal, www.ticketportal.cz
Rudolfinum, www.ceskafilharmonie.cz

ベルリンを拠点に活躍する、日本人バイオリニスト 樫本大進さんがチェコ・フィルと共演です!

*********************************************
チェコのロックバンドによる日本の被災者支援チャリティーコンサート

公式ホームページ
http://www.koncertprojaponsko.cz

日時:3月29日火曜日
場所:ルツェルナ大ホール
http://www.lucpra.com/
6時にスタートして、震災の様子を上映smsで義援金を送るサービスの説明等があるそうです。
チェコの若者に人気のバンドが数バンド出て、パパイヤ・パラノイヤの演奏もあります。

前売り券をチケットプロで発売中
http://www.ticketpro.cz/jnp/spolecenske-akce/benefice-charitativni-akce/623241-Koncert-pro-Japonsko.html

小さな力が、大きな力となって、そんな波紋が世界でどんどん広がって行きます。
私達にできることは、まだまだある!
がんばれ日本。
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-29 02:53 | 徒然日記 | Comments(0)

夏時間開始

今年もチェコに春が徐々にやってきています。
今週は暖かく、最高気温16-19度になりました。
木々も新芽が膨らみ、花のつぼみも膨らみ、あと1歩で本格的な春がきます。

思えば今年の冬は、12月の極寒から始まり、連日にわたる大雪。
年が明けてもマイナスの日々が続く寒い冬でした。
2-3月は雪もほとんど降らず、わりと温暖な残冬でしたが、それでも
やっとやっと春!という気分でいっぱいです。

春のヨーロッパ最大行事でもあるイースターは、今年は4月23,24,25日。
25日がイースターマンデーとなります。
そろそろお店でも、イースターの飾りつけイースターエッグや、
女人のお尻をパンパンたたく柳のムチが販売され始め、
春が来る感が倍増します。

週末3月27日は、いよいよサマータイム開始で、いままで日本との時差
8時間から、7時間となります。
27日の早朝2時-3時の間に時計の針が1時間早まる計算となります。

27日にヨーロッパで用事などある人は、時間に注意です!
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-26 17:43 | 徒然日記 | Comments(0)

プラハ義援金募金行事

チェコ日協会からのお知らせです
義援金募金の行事がおこなわれます
今週末26日(土)、27日(日)
義援金募金 の特別行事が行われます

博物館では現在「芸者と侍」展が開催されています
展覧会の解説講義の他下記のような行事があります

10時ー13時
子供のためのワークショップ(折り紙、扇子、刀)

14時半ー16時まで
子供のためのワークショップ (紙漉き)

17時ー18時
プラハ在住の日本人演奏家による邦楽コンサート

場所:ナ-プルストコフ民俗学博物館
Náprstkov Muzeum
Betlémské náměstí 1 Praha 1

チェコ人のお友達には
チェコ日協会のHPをご紹介ください
そちらにチェコ語でのインフォメーションがあります
www.japan.cz
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-26 16:57 | 徒然日記 | Comments(0)

原発で意見が分かれる欧州

原発問題について、ウォールストリートジャーナルより下記チェコの原発に対する姿勢を示す記事を見つけましたのでお借りしました。
原発問題については世界で賛否両論の課題かと思います。
人間の生活が進化すればするほど、電力の需要は高くなり、それに伴う原発の需要も高まる。
でも今回の福島で起こっている現実を目の当たりにして、世界はどう考えて行くのでしょうか。
電力に頼り、依存し、日々消費しているのは私達自身です。
もっと原発について、他人の問題ではなく、考えていきたいです。


【プラハ】日本の原発危機によって、欧州では原子力が最優先の政治課題として再浮上しているが、原発の即時停止を呼びかける国がある一方で、原発促進を固持する国もあるなど、欧州内でも意見が分かれている。 フランスやチェコ共和国、イタリア、ポーランドなどは、一部の原子力発電所での運転一時停止や改修・建設計画の凍結などに踏み切ったドイツとスイスに追随せず、原発の即時停止の呼びかけは性急な措置として批判している。

チェコ共和国のネチャス首相は15日夜、ドイツ政府が今週行った原子炉7基の一時停止決定について、「一般市民に不安感を巻き起こそうとする小細工的な策だ」と述べた
チェコは250億ドル規模の原発増強計画に着手しているが、これは世界で最も積極的な原発投資計画の一つだ。

英エネルギー相のクリス・ヒューン氏はドイツ政府当局者を「大陸的な政治家」と呼び、これら政治家が原子力発電所を軽率に一時停止してしまったと指摘した。そして、「結論をすぐに出したいのは分かるが、判断を急ぐべきではない。事実の全容が分かるまで待つのが賢明だ」と述べた。
ヒューン氏は16日、日本の原発危機による影響をまとめた報告について、中間報告は5月中旬、また最終報告は9月中に提出されるよう求めた。

ドイツのメルケル首相は15日、1980年までに建設された原子炉7基の運転について、安全性見直しのために3カ月間停止する命令を下した。同首相は14日、原子炉17基の運転延長計画を既に凍結している。一方、スイスは老朽化した原子力発電所を改修・建設する計画を凍結した。
メルケル首相は原発反対派への対応に追われている。ドイツでは今週、各地で反原発デモが行われた。さらに、今年は地方選挙が幾つか控えており、原発問題は選挙戦で激しい議論を巻き起こす可能性が高い。

一方、チェコ共和国では、日本の原発危機を受けて他国で生じたような原発に対する国民の激しい怒りはほとんど見られない。同国は原発によって、ロシアへの依存が減ったでなく、近隣国向け電力の輸出国としての地位を築けた。

電力の75%超を原発に依存しているフランスは、原発停止の求めに反発してきた。同国のフィヨン首相は安全性確認のために全ての原子炉を点検すると述べたが、原子力を頭から非難するのは不条理なことだと付け加えた。

イタリアの電力会社エネルは今週、原子力活用の拡大を目指す同国の計画に参加する予定に変わりはないと発表した。また、ポーランド政府当局者は、2カ所の原子力発電所(発電能力はともに3000メガワット)の建設に引き続き取り組んでいくと述べた。

原発を支持する国は全て、既存および将来建設される原子力発電所の完全性を改善する試みについて、全面的に支援する考えであることを明らかにしてきた。 しかし同時に、欧州の原発事業者は既に厳しい規制に対応し、安全点検体制が整っており、一部の事業者は、全ての原子炉に対して「ストレス・テスト」を実施するという欧州連合の決定には懐疑的である。
今夏に予定されているこれらのテストについては、各国が既に独自の原子力規制体制を持っていることから、その実施は自発的であり、法的拘束力がない。ただ、リスクを低めるために政治的な見せ掛け以上の本格的な措置が取られるのではないかという懸念も一部で聞かれる。
チェコの国営電力会社CEZの広報担当者は「当社は引き続き原子力発電所の安全と保全を点検しており、ストレス・テストは実体を伴わない政治的な表現だ」と述べた。

さらにこの広報担当者は、安全性テストに関する欧州からの要求には全て従う意向であるとした上で、同社の2カ所の原発では安全監視プログラムが実施されているとともに、2月には危機シナリオに沿った最新のテストを行っていると述べた。 者: Sean Carney
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-22 04:57 | チェコニュース | Comments(0)

今私達にできること

昨晩は満月が綺麗な夜でした。
過去18年間で、月が地球に最も接近しているようです。
電気を消しても、月明かりが窓から寝室に入ってきてまるで外にライトが付いているくらい。

ネットで色々と情報を検索していると、チェコでも日本の震災に向けてチャリティーコンサートが開かれるようです。他のブロガーさんの情報なども参考にさせていただきました。

=プラハ交響楽団によるチャリティーコンサート情報
A benefit concert for Japan by Prague Symphony Orchestra (FOK)
Date: 27 March, from 19:30-
Place: Smetana Hall, in Obecni dum in Prague
Program: Smetana: 3 poems from My country (Vysehrad, Vltava, Sarka)
Dvorak: Symphony No 9 "From the New Worl...d"
Ticket: 200~400Kc (on sale from 21 March, www.fok.cz)

=プラハのチェコ国立美術館:日本のためのチャリティー・イベント
http://www.ngprague.cz/en/128/3433/clanek/benefice-pro-japonsko/
時:3月20日、2011
場所:NG - palác Kinských,
時間:10 - 18 hodin

チェコでも私達にできることは沢山ありそうです。
こちらクリックすることで募金できるそうです。
「東北関東大震災」支援クリック募金

がんばれ日本!
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-20 18:36 | 徒然日記 | Comments(0)

忘れてはいけない

暖かかった先週に比べ、今週は曇り空、雨の毎日のチェコ。
今日は各地で雪が降りました。
うっすら白くなった大地を見て、日本の被災地を想います。

毎日ネットやTV,ラジオでニュースをチェックしています。
友人からの無事で元気なメールや連絡が来ると本当に安心します。

毎日、帰れる家があり、ご飯が食べれて、綺麗な水が飲めて、お風呂に入れて・・・・
当たり前の生活に感謝しなければいけないなあ、と思います。
人間だから欲がでて、ついついあれもこれもと思ってしまい、うまくいかないと不平不満を訴え、便利なことに慣れてしまって、ついつい忘れがちな基本的なことですが、大切なことだと痛感します。

誰かが困っていたら助けてあげたり、協力したり、物を分け合ったり、普段の生活の中でも忘れがちなことですが、とても大切なことだと痛感します。

東京の友人は、東京の経済が止まってしまったら日本が終わるから頑張って働き続ける、と頑張ってます。
被災地からほんの30分の距離だった友人も、毎日余震や停電、断水と戦って頑張っています。
みんなの元気にエネルギーと勇気をもらいます。

心配して連絡してくれた友人にも感謝します。
色んな人に支えられて私は生きているんだなあ、と思います。
自分ひとりで生きているんじゃないことも、痛感します。

チェコから被災地のためにできることは、そんなに沢山ないけれど、
これらのことは心に留めて覚えておこうと思います。
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-19 13:21 | 徒然日記 | Comments(0)

がんばれ日本

金曜日以来、日本の地震のニュースをチェコのTVで毎日見ています。
チェコの国営放送チェスカー・テレビゼ(CT24)でも、リアルタイムで被災地の状況が流れてきます。被災地の映像を信じられない思いでチェコで見ています。

3月11日は丁度、母親の誕生日。そして4年前に亡くなった祖父の命日。
出勤する前に家族に電話をと思い、その電話中の地震。幸いにも私の家は被災地からはかなり離れておりますが、かなりの揺れを感じたようです。

このブログを見に来て下さってる方々の無事、ご家族、ご友人の無事を心より祈っています。
そして今後の第二次災害の広がりが起こらないこと、地震や津波の再来がないことを、本当に心から祈ります。

被災地の状況のニュースと共に、「共に助け合い、連帯のある日本人の姿」を報じた世界のニュースも目に入ります。この状況化で社会的秩序を失わず、混乱や暴力、略奪なども起きず、店を開放して水を分け合ったり、トイレを開放したりする日本人の社会的秩序の高さが報じられています。
本当に、がんばれ日本、がんばれ東北。
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-14 04:59 | チェコニュース | Comments(0)

チェコで日本映画を見る

今月もあっという間、3月に入ります。
近頃冷え込みの激しいチェコですが、太陽がでて明るいので気分が違います。
サマータイム開始まであと1ヶ月、春はもうすぐそこです。(と信じます。)

e0151592_457620.jpg


日本映画祭の際に話題になっていた、「ノルウェイの森」を見ました。
特に村上春樹の熱狂的ファンではないですが、あの小説がどんな映画になっているのかシンプルに興味があったし、村上春樹独特の小説から読み取れるイメージが外国人の監督によってどんな風にアレンジされているのかが気になりました。

あとは、基本的にチェコにいて日本語で映画を見られる機会もないので、貴重です。

チェコでも話題性は大いにありましたが、映画館は土曜の夜なのに割とガラガラ。
日本映画際の上演はチケット売り切れで、満員御礼だったそうですが、割りと空席が目立ちます。

さて映画ですが、あくまでもこれは私の印象ですが、小説そのものの方がずっといいです。というか小説を読んだ人でないと見えてこない細かい経緯がおおざっぱに省略されていて、繋がったストーリーが残念ながら薄い感じに思えてしまいます。映像はきれいだし、演じる役者達もいい感じなんですが(みどりさんを除いて)、なんだかどうしても何かが抜けているような後味が残ります。

独断で感想を述べたまでなので、皆さんがどう感じたのか分かりません。
一緒に見に行ったチェコ人の友人二人は、一人は小説をすでに読み、一人は読まずに、という状況でしたが、すでに読んだ友人はやはり同じ感想を持ったようです。

映画の感想とは関係なく、一度読んだ小説が映画になるのっておもしろいですけど、本を読むと頭の中で物語のイメージを作り、主人公をイメージし、小説なんですけど自分自身で作り上げたイメージのビジュアルが出来上がりますよね。でも映画になった瞬間に、その自分が作っていたビジュアルと、映画で作り上げられている映像が重なります。

想像力は、10人いれば10人それぞれが一つの物から10通りのイメージを創りあげる。
他人のイメージが自分のものと大いにかけ離れていれば、受け入れ難くなるのが当然で、だけど果たして一般的に受け入れられる無難な線で創りあげたものがいい物なのかというとそうではない。 

小説で出来上がったものを映画にするのって、ある意味挑戦だなって思います。

ここをポチっ★
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2011-03-01 04:58 | 徒然日記 | Comments(0)


記事ランキング