新チェコ生活日記2


チェコ共和国の首都プラハよりドブリーデン!プラハ在住現地ガイド・コーディネーターによるチェコ生活日記です。
by prahalife2
チェコリンク集
当ブログに関するご質問、
チェコご旅行のご相談、
チェコご滞在のご相談、
チェコ公認観光ガイド、
滞在コーディネート、
撮影・取材コーディネート 、
チェコに関する記事執筆、
などのご依頼は・・・

info@czechtraveland.com


さらに詳しくは、
チェコ・トラベルランド
へご訪問下さい!

czechtravelandpraha インスタグラム

***********

プラハで長期滞在♪
プラハで’暮らすように滞在してみませんか?

★Blog Ranking★


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

★お仕事アーカイブ★

和風総本家7月2日夜7時58分~世界で見つけたMade In Japanチェコ編
e0151592_18055074.jpg
月間HOUSING(ハウジング)8月号:建築家ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸掲載
e0151592_01332614.jpg
有村竜太朗の歩き方。 絶望ワンダーランド2~プラハ編~
e0151592_20305626.jpg
Grace Continental 秋冬コレクションカタログ-チェコ・キュビズム特集
e0151592_05200482.jpg
CREA Travellerプラハ特集
e0151592_3373424.jpg

世界の腕時計
e0151592_05033308.jpg

PRIM日本正規総代理店(株)ブレインズ
名古屋PRIM販売店:ハタ貴金属
奈良PRIM販売店:小柳時計店

★寄稿情報★
e0151592_22310457.png
e0151592_20521354.jpg
阪急交通社 現地生情報に記事掲載中!

たびこふれに記事掲載中!

MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)

at home [World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ]チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

食文化の雑誌
『vesta(ヴェスタ)』106号酒と食 Ⅰ酒と食の考現学-2チェコとビールの深い関係


★チェコ情報サイトまとめ★

チェコ今日のニュース

チェコ共和国観光局サイト

チェコのイベント情報

プラハ市内の公共交通機関時刻表

チェコの古城巡り

チェコワイン

チェコの山

チェコビール

チェコのスパリゾート

チェコの食案内

チェコのアート情報

管理人の過去の日記は・・
チェコ生活日記新チェコ生活日記 へどうぞ。

チェコ掲示板

★ブログ・ウェブリンク★

TEMARI.CZ

よっちんのフォト日記

temaricious

Dum panenky

一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

プラハの美容師ブログ-プラハで活躍中の美容師さんのブログ

チェコの工業用ダイヤモンド研磨機取り扱い会社

チェコ人女性カトカさんのフォトスタジオ

★チェコお勧めオプショナルツアー情報★

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★プラハ市内観光

即日予約受付★安心日本語ガイド付き★チェスキークルムロフ観光

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★チェスキークルムロフ周辺世界遺産の旅1泊2日

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車プラハ~チェスキークルムロフ~ウィーン

即日予約受付★便利なホテルTOホテル★プライベート専用車ウィーン~チェスキークルムロフ~プラハ

即日予約受付プラハ5★レストランBellevueディナー+国立マリオネット劇場Nightツアー
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
こんばんは 自分もシテ..
by seajacker at 21:04
>>Salam2002さ..
by prahalife2 at 22:48
こんばんは。 分かりま..
by salam2002 at 23:45
≫よっちんさま、 ..
by prahalife2 at 00:03
≫SeaJackerさん..
by prahalife2 at 00:01
ご無沙汰しています。 ..
by よっちん at 00:30
こんにちは。 自分が海..
by seajacker at 07:38
> salam2002さ..
by prahalife2 at 23:18
こんにちは。 可能性あ..
by salam2002 at 11:52
Masappe24様、コ..
by prahalife2 at 05:39

<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

とろけるチキンカツ

暑さが大雨によって和らぎ、心地安い気温で今週はスタートしました。
週末はまた30度前後の夏日となるようです。
引き続き、日焼け対策を!

今日はチェコのとろけるチキンカツをご紹介します。
Gordon bleu=ゴードン・ブルーといいます。
名前からは何か想像できませんが、発祥の地はスイスだそうです。
e0151592_17274782.jpg

チキンの胸肉とハムとエダムチーズで、カツ風に揚げてあります。
揚げたてを食べるとチーズがとろ~んととろけておいしいです。
チェコ料理の中では私の好きなメニューでもありますね。

チェコではこのメニューとフライドポテトや茹でジャガイモを付け合せで食べます。
カロリーは↑↑↑のメニューです。
家ではチーズが爆発してしまうと油が飛び散り大変なので絶対作りません。
チェコ飯レストランでは大体ありますから、どうぞ試してみて下さい。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-31 17:40 | チェコ飯 | Comments(2)

真夏の日差しに注意です!

チェコは週末にかけてとても暑くなる予報です。
日曜日には35度を超える見込みで、晴天で日差しがきつくなるようです。
日焼けには十分にご注意を!

私はすでに真っ黒なので、シミやシワができてくるのは時間の問題です。
とにかく日光をすべて吸収してしまう私の肌。
小さな頃は牛蒡と呼ばれていました(笑)。
美白なんてきっとクリーム塗りまくっても、私にはほど遠い存在。
焼けにくい体質の方を羨ましく思います。

チェコでも日焼け止めクリームは沢山販売されています。
スプレータイプのものですと、体の露出部分に振りかけて使えるので便利です。
SPFは最高でも30~50くらいがこちらの標準。
以外に首の後ろ側などが焼けやすいですね。
ちなみに私の場合クリームを塗っても焼けてしまいますが、、、

チェコでの日焼け止めクリームネット販売サイト

こんな強い日差しの中で昼寝しっちゃっている人達。
釣りの最中であることは明らかですが・・・魚は永遠に釣れないことでしょう。
e0151592_0445342.jpg

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-27 00:45 | チェコニュース | Comments(4)

北イタリアの旅4

毎日暑い日の続くチェコです。

すっかり遅くなりましたが、北イタリアの旅の備忘録完結編です。
旅の最後の4日はピサ>フィレンツェに滞在することにしました。
ピサやフィレンツェはあまりにも有名ですから、おそらくネット上でも莫大な情報量でしょうね。
あえて町の細かいことは書きませんが、両方とも素敵な場所でした。

ピサの斜塔の外壁のディテールは凝っています。
e0151592_613090.jpg

ピサの町は斜塔が有名ですが、しっとりとした路地裏もいい感じ。
e0151592_641989.jpg

フィレンツェでは、美術館三昧しました。
あのラファエロ、あのダビンチ、あのボッティチェリの本物の絵画を見るために、フィレンツェに来たようなものです。子供の頃に大好きだった森永のキャラメルに小さなヨーロッパの絵画のカードが入っていて、よく集めていたんですが、そのコレクションの本物を間近にする時が来たことがなんだか信じられない気分でした。
フィレンツェの絵画コレクションはやっぱりすごい。。。
見ごたえというか、これだけの有名な画家の描いた作品が集結していると感無量です。La
コレクションをしていた豪族メディチ家の紋章。
小さな球形は金貨をモチーフにしたものだとか。
e0151592_6165767.jpg

暑い日で、アルノ川沿いには橋が架かっており、女子達も休憩中です。
e0151592_6212220.jpg

お店のおじさんも暑いので店終いしたそうな感じ。
e0151592_622126.jpg

芸術の町フィレンツェは落書きも芸術。
e0151592_6224236.jpg

最終日はフィレンツェからプラハまで約1000キロ以上の車の旅。
無事に到着した自宅で一番最初に飲んだのは、チェコビールでした(笑)。
やっぱビールはチェコが一番!

ちなみにフィレンツェでランチ・ディナーをしたレストランがとてもおいしかったので、
是非行かれる方は試してみて下さい。
La Casalinga
店内はイタリア人でとても混んでいました。ボロネーゼパスタがとてもおいしかった。
La Carabaccia
チーズをはさんだラビオリが最高です。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-24 06:34 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

チェコの壁2

今週はとことん夏日が続きます。
町行く人々はどんどん肌の露出が激しくなっていきます。
これでもか、というくらいに肌をだし、とうとう終いには裸で歩いている人もいます。
これは何年チェコに住んでもカルチャーショックですね。

チェコの壁シリーズです。
壁マニアの私は建物の壁がとても気になります。
どんな材質でできているの?
どんな建築様式?
どんな色?色は材料はどうやってつけたんだろうか?

チェコでも目をみはる壁の装飾といえば、
Sgraffito=スグラフィト
16世紀を中心にイタリアから広まった壁の装飾方法で、2枚の漆喰を重ねた後に上部に重ねられた漆喰を掻き落としていくという特殊な装飾画法です。
ブログでも以前記事を載せました。
スグラフィトをもっと知られたい方は、コチラをご参照下さい。
e0151592_632325.jpg

e0151592_634270.jpg

壁の装飾に使用されている材料は、漆喰。漆喰は水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としており、もとは「石灰」と表記されていたもの。

16世紀の流行のアート。
斬新ですし、現在でも粋な感じです。
チェコの壁の中でも美しい壁の一つです。
探してみて下さい。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-21 06:08 | 建築 | Comments(2)

シェンゲン国境規則の改正

夏日の続くチェコです。
スイカやチェリー、杏がおいしい季節となりました!
八百屋やマーケットでは甘いフルーツが豊富です。
チェコではフルーツは好きなだけ袋に入れると、秤で計って料金を計算してくれます。
日本では高級品のチェリーなども、こちらではびっくりするくらい安価です。
是非夏が終わらないうちに、お試し下さい。

今日は在チェコ日本領事館から届いた大切なお知らせを皆様にもお知らせします。
チェコだけではなくシェンゲン協定国をご旅行・ご滞在する方にはとても重要なお知らせです。

*******************************************

EU理事会は、6月20日、シェンゲン国境規則を改正し、シェンゲン協定領域内における無査証での短期滞在期間の計算方法を改めました。

1.短期滞在期間の計算方法(2013年10月18日発効)

日本人は、チェコにおいて、無査証(ビザなし)で観光等を目的とした短期滞在が認められおり、現在、「(シェンゲン領域内への)最初の入国日から6か月のうち最大3か月間」、査証を取得することなく滞在することが可能です。しかし、今回のシェンゲン国境規定の改正に伴い、2013年10月18日から、短期滞在期間の計算方法が「あらゆる180日の期間内で最大90日間」となります。これにより、過去180日以内の滞在日数はすべて短期滞在期間として算入されることになります(※)。現在、無査証でチェコに滞在されている方は、ご自身の滞在期間を確認していただき、必要に応じて査証を取得するなどの対策を講じてください(シェンゲン協定の詳細につきましては、外務省ホームページの渡航関連情報のビザ(査証)の『長期間欧州諸国を訪問する方へ』(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/choki.html)を御参照ください。)。

※改正前の規則では、最初にシェンゲン領域内に入国した日から6か月経過した時点で滞在日数の加算が中断し、その後に入国した場合は、その入国日を1日目として新たに滞在日数の計算を行うこととされています。しかし、改正後は、過去180日以内の滞在日数がすべて算入されるため、滞在日数の加算の中断はありません。

2.旅券(パスポート)の残存有効期間(2013年7月19日から発効)

 シェンゲン協定加盟国への入国に際しては、パスポートの残存有効期間が出国予定日から3か月以上残っており、かつ、10年以内に発行されたものであることが必要です。つまり、90日間滞在予定でシェンゲン領域内に入国した場合、入国日から90日+3か月の残存有効期間が必要となります。

3.その他

通常、シェンゲン領域外から同領域内に入る場合、最初の到着地における入国審査で、入国印がパスポートに押印されます。しかし、陸路による移動などで入国印が押されない事例も見られ、この場合、後に滞在期間超過を疑われるなど、不測のトラブルに巻き込まれるおそれがあります。シェンゲン領域外から同領域内に入る際には、入国印の押印を確認し、押印されていない場合には、押印するよう現地係官に要求してください。

在チェコ大使館 領事部より

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-19 05:35 | チェコニュース | Comments(2)

ソーセージは国民の食べ物

チェコの国民の食べ物といえば・・・
もうこれしかないでしょう。

ソーセージ


チェコのソーセージは色んな種類が豊富です。
ヴァーツラフ広場の屋台で食べられるのは、Klobása=クロバーサ
朝食によく登場するウィンナーソーセージは、Párek=パーレック
野外バーベキューで焼くのは、Špekáček=シュペカーチェック
燻製のクロバーサは、Čabajská klobása=チャバイスカー・クロバーサ

その他、
Ostravská klobása=オストラフスカー・クロバーサ
Moravská klobása=モラブスカー・クロバーサ
Trampská cigára=トランプスカー・シガーラ
と地方で色々なソーセージ。

ソーセージの会社で有名な、Kostelecké uzeniny=コステレツキー・ウジェニー。
スーパーマーケットで並ぶ瓶詰めのソーセージのパッケージがチェコらしいリアルさ。
e0151592_611636.gif

ソーセージを食べているのか、口からどんどん出しているいるのかが微妙な絵です。

プラハで今ちょっとした有名なお肉屋さん、The Real Meat Socity。
有名レストラン、Sansho(サンショウ)が経営する肉屋さんです。
品質の良い餌だけを与えた豚や牛の品質の良い肉だけしか販売しないというコンセプトで、値段は若干↑ですが、プラハではちょっとした人気店となっています。
BIOミートっていう感じですね。

店先を通り過ぎると、ソーセージを作っていました。
なんともチェコらしい風景です。
e0151592_616562.jpg

e0151592_6171380.jpg

レストランSansho(サンショウ)もグルメ雑誌に何度も取り上げられる、プラハの人気店です。
魚屋はあまりないけど、肉屋は充実しているプラハです。

チェコでソーセージ、是非食べてみましょう。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-15 06:21 | チェコ飯 | Comments(2)

香る菩提樹

昨日は真夏日でしたが、今日は一枚上着を羽織らないと涼しいくらいの日でした。
相変わらず気温の上下の激しいチェコです。

リンクさせていただいている、
チェコブログ-日本からみたチェコ、日々のこと
紹介されていました菩提樹に関する記事。

を見させていただきまして、
そういえば菩提樹の香りを感じる季節がチェコにもやって来たな~と思いまして、
プラハ市内に咲き誇る菩提樹の花の写真を撮ってみました。
e0151592_7395555.jpg

木の下ではほんのり甘い、清らかな菩提樹のお花の香りを楽しめます。
種類によるのでしょうが、香りの高いものから香りのほとんどしないものまであります。
菩提樹の木の下で体中に息を吸いこむと、とっても幸せな気分になれますよ。

菩提樹はチェコ語でlípa=リーパといいまして、国の花とも指定されています。
また菩提樹のお花はお茶としても好まれています。
イライラしたとき、眠れないとき、緊張や不安なときに使用するメディカルハーブだそうです。
ハーブティーはチェコの薬局などで色々な種類が販売されています。
e0151592_7572192.jpg

お釈迦様もこの木の下で悟りを開いたと。
この香りに包まれていると、新たな悟りが開けるような気もしないような・・・

もう一枚は私の菩提樹の木の下での悟りの地です。
e0151592_813714.jpg

また登場しますがキュビズム建築の有名な建築物、ヴィシェフラドの3連住宅。
この建築物が与えた衝撃は、菩提樹の香りの衝撃と似ていました。
キュビズムのもう一人の巨匠、ヨゼフ・ホホルの作った集合住宅です。
私にとってはとてもチェコらしい、プラハらしい場所です。

菩提樹の香りが終わってしまう前に、是非チェコへ起こし下さい。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-12 08:08 | 観光スポット・サイト@Praha | Comments(2)

何が自分のルールか?

暑い、夏らしい日が続くチェコです。
今週末はチェコでは3連休でした。
5日は聖キュリロス・メトディウスの日(宗教記念日)。
6日は宗教改革者ヤン・フスの日。
どちらも宗教に関わる日です。
3連休ですが、休みをすでに楽しんでしまった私はお仕事です。
でもいつもよりガランとした地下鉄やトラムは落ち着きます。

今日はプラハ城の聖ヴィート大聖堂に行ったのですが、
大聖堂の中には美しいステンドグラスが沢山あります。
その中でも有名な画家アルフォンス・ミュシャが原画を描いた作品。
e0151592_250912.jpg

5日の祝日の主人公である、聖キュリロス・メトディウスが描かれています。
美しいステンドグラスの作品は多くの観光客を引き付け、
記念に作品をバックに写真撮影をする人も多いです。

ステンドグランスの目の前まで進むには、有料チケットを購入しないと入れません。
ですのでアルフォンス・ミュシャの作品の前にはロープが張ってあり、
チケット無しではロープより中へ入ることはできません。
因みにプラハ城への総合入場チケットは250コルナです。

そのロープをまたいで、作品の前へヅカヅカ入って行ってしまうアジア人観光客2人。
コソコソではなくかなり堂々と中へ入いって行きます。
そして作品の前で堂々と写真撮影。
目的地で目的の写真が撮れた二人のアジア人は笑顔でその場を去って行きました。
誰に咎められることもなく、神聖な場所で。

世の中には禁止されていること・決められていることが沢山ありますが、
それを守るか守らないかは人間の分かれ道なのでしょうか?
「真面目な人間は損をする」という言葉を聞いたことがあるのですが、
やはり不真面目な人がいつも得をしているのでしょうか。
今回は一例ですが、最近こんな境遇に立ち会うことが多々ありまして、
今日はぼんやりと大聖堂の中で考えてしまったわけです。

私達の生きていく社会には沢山のモラルやマナー、ルールがあって、
そのルールが法律などであれば守れないことに対して厳しい罰則が与えられています。
しかしモラルやマナーの取り締まりは誰がどのように具体的にするのかは、世界に規準がありません。
もちろん民族や文化・宗教・言葉、ないしは個人の違いを跨いで取締りができるはずがないのですから。
最後は自分の感性と判断で物事の良し悪しを決めたり、自分のルールを決めたりしなくてはならないのですが、それが上手にできる人はやはり真面目な人が多いと思います。その判断が上手にできる真面目な人は最後に損をするのだとしたら、世の中は不公平だと思います。

一つだけ感じたことは、モラルやマナー・ルールが壊わされた時、
少なからず周りを取り巻いている空気や社会にはヒビが入ってしまって、
そのヒビは絶対に修復されないという事実です。
そのヒビからは笑顔や強調は生まれません。
実際に今日その境遇に立ち会って、今もいい気分がしないからです。
人の事だから関係ないけど、でも世の中がこんな風に普通に回って行くようになってしまったら、
嫌だな、、、と思ってしまいます。

良いものから、また新たな良いものが連鎖して生まれるような世の中がいいですね。
理想論ですけど、それが自分のルールを決める基準となる筈です。

★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-08 03:33 | 徒然日記 | Comments(6)

北イタリアの旅3

北イタリア備忘録の続きです。

ポルトヴェネーレでは本当においしい海の食尽くしでした。
毎日パスタを食べて、全然飽きなかった。自分が麺食いであることを、改め自覚した旅でした。
おいしいパスタを食べるためだけに、イタリアに移住してもいいくらいです。
とにかくよく食べたのは海の幸のパスタ。
e0151592_726526.jpg

ボンゴレ・パスタ。
e0151592_7262210.jpg

パスタ屋の多いプラハですが、こんなパスタは絶対出てこない・・・
タコの柔らかさにも感激です。
そういえば去年から今年にかけて、タコの名産地ばかり旅行している・・・
e0151592_7311838.jpg

食べ物はこのくらいにして・・・
ポルトヴェネーレからボートで30分から1時間でいける、チンクエ・テッレという渓谷の村を訪ねて見ることに。
チンクエ=5/テッレ=土地 (5つの土地)という意味だそうで、小さな5つの村から成っています。
あんまりボードが得意でないので、一番早く到着できるリオマッジョーレという村へ行ってみることに。
リオマッジョーレは本当に渓谷の町でした。
e0151592_7365726.jpg

ひしめき合う建物。
ここで生活するのは結構苦労しそう、坂が多く道も狭く、車で村の外にでるのも大変だあ。
e0151592_7372217.jpg

e0151592_7391343.jpg

海岸沿いには列車も走っているのです。
e0151592_7375778.jpg

透き通るような青い海はリグリア海。
e0151592_7385584.jpg

狭い村なのに家の玄関口は立派です。
e0151592_7392941.jpg

到着してからしばらくリオマッジョーレを散策・エスプレッソで休憩。
エスプレッソはイタリアどこで飲んでも濃くておいしい。
私の好きなものがすべておいしい国だ(ビール以外)。
本気で退職後の移住先として考えてしまう。
自分が70-80歳の老人となった頃、チェコの冬は体にこたえると思う。
そんな先のことを考えながら、帰りのボートを耐えたのです(笑)。

次の目的地は有名なピサ→フィレンツェ。
お楽しみにー
★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-05 07:47 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)

北イタリアの旅2

今週は気持ちのいい天気の続くチェコです。
明日は最高気温28度、各地で雷雨になるようです。

さて北イタリア旅行備忘録の続きです。
ヴェローナで最高気温がすでに35度超えで暑くてたまらず、どこか海の町へ避暑しようと向かった先は長靴の上左にあるジェノヴァ湾に囲まれた入り江のリヴィエラ地区。
ヴェローナ>マントヴァ>モデナ>ラスペチィアという町を通り抜けて半日がかりで車で移動。
とにかく行き当たりばったりの旅なので、リヴィエラ地区に到着してから「どこの町に滞在するか~」と考えること約30分、たまたま所持していたガイドブックに載っていたポルトヴェネーレという町と近郊のチンクエ・テッレという村に興味を持ち、早速ポルトヴェネーレに行ってみることに。

この町、想像以上にこじんまりしていて、商業的すぎずよかったのです。
町は海にせり出すように、カラフルな建物が印象的です。
e0151592_6113160.jpg

e0151592_612854.jpg

町からの海の眺めも絶景です。
e0151592_6125350.jpg

町は小さいですが石畳の旧市街が続きます。
e0151592_6161424.jpg

家の表札が可愛いい。ここは檸檬の町。檸檬の木が沢山あります。
e0151592_617472.jpg

夕方のサンセットもロマンチック。
e0151592_613217.jpg

夜の景色はさらにロマンチック。
e0151592_6143946.jpg

e0151592_615035.jpg

しかし、食べすぎでロマンチックとはほど遠い場所にいた私達。
だってイタ飯おいしすぎます・・・
特にこの町でやられたのは、タコ。
タコの柔らかくておいしいことと言ったら、、、
e0151592_6202374.jpg

食については次回で紹介しますが、色々な意味でこの町をとても気に入り合計3泊しました。
旅は一期一会といいますが、良い滞在先に出会えるのも一期一会。
こんな美しい場所が世界にはまだまだ沢山あるんでしょうね、きっと。
e0151592_6241459.jpg

次回へ続く。
★クリックしていただけると、励みになります!★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by prahalife2 | 2013-07-03 06:25 | チェコ脱出旅行 | Comments(0)


記事ランキング